皇族电竞竞猜_APP官网下载~

图片

このページを印刷する

学長あいさつ

ヒューマンケアの実践知を豊かな心で学ぶ

北山 三津子

本学は、岐阜県民の多様な保健?医療?福祉ニーズに対応するために、看護サービスの質の向上に貢献することを使命として2000年(平成12年)に開学致しました。2004年(平成16年)には大学院看護学研究科修士課程、 2006年(平成18年)に博士課程を開設し、さらに2010年(平成22年)には公立大学法人岐阜県立看護大学となり、看護学の高等教育機関として、研究活動に基づく理論的な裏付けをもって、創造的な解決策を提言し、改革の原動力となる人材の育成と供給をしてきました。多くの卒業者?修了者が岐阜県内外で活躍しています。

看護学は、保健師?助産師?看護師等の看護職が行っている活動に理論的体系と科学的根拠を与え、人々が健やかに生きることを支える看護サービスの質向上を目指す学問です。

近年、ケアに関わる人々の要望は多様化かつ高度化しており、看護職者にはヒューマンケアの知識と技術とともに、豊かな人間性と深い倫理的判断力が求められています。

看護学科では、看護職等の免許に繋がる看護学の専門の基礎を学びます。看護学は生涯にわたり、その専門性を深める学問であることから、高学年次における教養科目の学修や臨地での看護実践を基盤とした卒業研究など、特色ある教育課程を編成しています。
看護学研究科では、個人の尊厳と人権の尊重を基盤とした利用者中心のケアのあり方を追究し、広い視野から看護実践の改善?改革を推進できる指導者の育成を目指しており、これらを通じて、看護サービスの質の向上とともに、実践性?応用性の高い看護学の確立と発展を図ることを目的としています。
博士前期課程は3つの専門看護師コースを併設しており、修了者は専門看護師として県内で活動しています。
博士後期課程の修了者の多くは、大学?大学院における教員として就業しています。
また、本研究科は職場在籍のまま修学できる体制を整備しています。

本学では、開学以来、県内の看護職と数多くの共同研究を行うことを通して、看護実践の改善?充実に努めてきており、本研究科を含めて、看護実践研究支援を含めた本学独自の生涯学習の機会を提供してきました。今後は、これらの教育研究活動を通して培ってきた実績を踏まえ、本学卒業者?修了者および看護職との連携を深めて、大学の使命や理念の実現に向けて邁進していきたいと思います。

学長 北山 三津子

PAGE TOP