皇族电竞竞猜_APP官网下载~

图片

このページを印刷する

木村 正子

氏名 木村 正子(きむら まさこ)
所属

機能看護学領域

職位

准教授

学歴

京都女子大学文学部英文学科卒業
同志社女子大学大学院文学研究科修士課程修了
関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学
名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士課程後期課程修了

学位

学士(文学)
修士(文学)
博士(文学)

職歴

同志社女子大学、京都女子大学他 非常勤講師
公立大学法人岐阜県立看護大学 専任講師
公立大学法人岐阜県立看護大学 准教授

専門分野

19世紀イギリス小説研究
ヴィクトリア朝女性作家研究(エリザベス?ギャスケル、フロレンス?ナイチンゲール)

担当科目

英語I、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅶ、Ⅷ、英米文学論

研究テーマ

女性作家の作品における母と娘の関係
女性の視点によるヴィクトリア朝女性作家の作品研究

著書?論文

翻訳書
(単独訳)フロレンス?ナイチンゲール著『カサンドラ : ヴィクトリア朝の理想的女性像への反逆』(日本看護協会出版会)(2021年)
著書
(共著)『ギャスケル作品小事典』(開文社)(2019年)
(共著)『創立30周年記念 比較で照らすギャスケル文学』(大阪教育図書)(2018年)
(共著)『没後150年記念 エリザベス?ギャスケル中?短編小説研究』(大阪教育図書)(2015年)
論文
(単著)「閉じられた群衆から開かれた群衆へ―ギャスケル作品における女性たちの群衆体験」(『ギャスケル論集』第28号)(2018年)
(単著) 「『メアリ?バートン』における母の表象―母が社会で教えるもの」(『多元文化』第14号)(2014年)

学会

日本ギャスケル協会会員
The Gaskell Society (UK) membership
日本ジョージ?エリオット協会会員
The George Eliot Fellowship (UK) membership
日本英文学会 本部、中部支部、関西支部会員
日本ヴィクトリア朝文化研究学会会員

社会活動

日本ギャスケル協会幹事 (2007年-2010年)
日本ギャスケル協会幹事 事務局補佐、会計(2017年-2018年)
日本ギャスケル協会幹事 事務局長(2018年-2020年)

PAGE TOP